創業資金のお悩み無料相談受付中!

0120-459-164

受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

創業融資専門家コラム

2020.03.04
タンス預金を自己資金にするためには・・・。

(1)タンス預金が自己資金として認めてもらえない理由。

 融資の相談を受けたときに「タンス預金していて通帳には残高がない」と言われることがよくあります。通帳に貯めていてもタンス預金であっても自分の貯めたお金にはかわりない・金利もつかないのに通帳に貯金する意味がない・銀行を信用してないなどいろいろ理由はあると思いますが、融資を受けようとする場合、金融機関にはタンス預金は自己資金として認めてもらえません。

 なぜならば、本当に自分のお金かどうかの証明ができないからです。金融機関は、「疑わしいものは認めない」というスタンスで審査をします。タンス預金は客観的に自分が貯めたものであるという証明ができませんので、自己資金と認めてもらうことは厳しいというのが現状です。

(2)対処方法

 タンス預金を自己資金と認めてもらうことは不可能に近いのでそういう相談があった場合は、融資の申し込みまで4ヶ月から6ヶ月期間を延ばしてもらうようにしています。

 その期間は、タンス預金を生活費に使うと、お給料として振り込まれた金額がその分通帳に貯まっていきます。6ヶ月もすればタンス預金から通帳にコツコツ貯蓄しているという状況に変化していきますので、自己資金として認められるような形になり、起業のためにしっかり準備してきたという印象を与えることができます。

(3)まとめ

 タンス預金を自己資金として認めてもらうためには、即効性のある対処方法はないと思います。じっくり時間をかけてタンス預金から自己資金として認められるようにしていくことが必要です。

 起業にはタイミングも重要だと思いますが、起業してから資金不足に陥ってしまうと成功することも難しくなってしまいます。タンス預金だけで起業するよりも融資を受けて資金に不安がない状態で起業した方が気持ちにもゆとりをもてるようになり、いい仕事ができると思いますので、焦らずにじっくり準備するようにして頂ければと思います。

 

無料相談受付中!

0120-459-164

9:00~21:00
(土日祝対応)

創業期の資金調達サポートのご紹介
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業時の融資獲得支援
  • 補助金をご検討の方へ
  • 助成金をご検討の方へ
  • 事業計画書の作成支援
創業支援サービスのご紹介
  • 株式会社設立のご支援
  • 合同会社設立のご支援
  • 決算・法人税申告のご支援
  • 法人化シミュレーションのご支援
  • 許認可申請代行のご支援
  • 記帳代行のご支援
  • 税務調査対応
  • 税務・財務顧問
当事務所サービス一覧
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
PAGETOP