創業資金のお悩み無料相談受付中!

0120-459-164

受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

創業融資専門家コラム

2019.11.13
創業計画書の書き方~4~

(5)従業員

 この欄は、3カ月以上継続して従業員を雇用する場合に記載します。創業時の売上に見合う従業員数かどうか・従業員を雇用する意図はあるのかなどを判断します。

 創業当初はなかなか従業員を雇用するということは、資金的にも難しいかもしれません。しかしながら、前回のコラムでも少し記載しましたが、日本政策金融公庫の政策には雇用の維持・創出も含まれていますので、売上が一定額以上になったら、従業員を雇用する必要があると考えているなど、先を見越したビジョンを持っていることをアピールする必要はあります。

(6)お借入れの状況

 この欄には、住宅ローンなど既に銀行等からの借り入れがある場合に記載します。

 日本政策金融公庫だけでなく、他の金融機関でも信用情報の確認はしますので、できるだけ正確な金額を記載しましょう。嘘を記載しても印象が悪くなるだけで、メリットはまったくありません。

 

無料相談受付中!

0120-459-164

9:00~21:00
(土日祝対応)

創業期の資金調達サポートのご紹介
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業時の融資獲得支援
  • 補助金をご検討の方へ
  • 助成金をご検討の方へ
  • 事業計画書の作成支援
創業支援サービスのご紹介
  • 株式会社設立のご支援
  • 合同会社設立のご支援
  • 決算・法人税申告のご支援
  • 法人化シミュレーションのご支援
  • 許認可申請代行のご支援
  • 記帳代行のご支援
  • 税務調査対応
  • 税務・財務顧問
当事務所サービス一覧
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
新着情報
PAGETOP