創業資金のお悩み無料相談受付中!

0120-459-164

受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

創業融資専門家コラム

2019.08.19
創業計画書とは・・・。

(1)創業計画書
  創業計画書とは、日本政策金融公庫で融資を受ける際に記載すべき事業計画書です。
 起業の動機や略歴、開業してからの売上、経費、利益等、記載項目は全部で8項目に
 分類されています。創業融資ですので、過去の実績がない分、この創業計画書1枚で
 ある程度日本政策金融公庫の融資担当の方に納得してもらえるようなもの仕上げる
 必要があります。

(2)根拠を示すことの重要性
  創業融資ですので、過去の実績がないため、一見すると、絵に描いた餅になってしまい、
 事業計画の根拠を示すということは難しいことだと思います。ただ、日本政策金融公庫は
 国が100%出資しており、国の政策として起業家を育てようという取り組みを行って
 いますので根拠をある程度示すことができれば、融資の可能性が高まります
  その根拠を示すツールの一つとして創業計画書があり、それに基づいて融資担当の方は
 様々な質問をして、事業計画の妥当性を判断しますので非常に重要です。
 
(3)創業計画書の書き方。
  創業計画書の作成に当たっては、日本政策金融公庫のホームページに原本(エクセル版及びPDF)
  及び記入例がありますので、参考にしてみてはいかかでしょうか。ただ、なかなか記入例通りに記入
  することは難しいと思います。
  ご自分で融資の申し込みをする場合の融資実行率があまり高くないのは、この計画書
 の内容に不備がある(計画の根拠を示し切れていない)ことが原因となるケースが多いと思います。
  そこで、次回から数回に分けて、創業計画書を書く上でのポイントを記載していこうと
 思いますので、参考にして頂ければ幸いです。

>>日本政策金融公庫の創業計画書についてはこちら

無料相談受付中!

0120-459-164

9:00~21:00
(土日祝対応)

創業期の資金調達サポートのご紹介
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業時の融資獲得支援
  • 補助金をご検討の方へ
  • 助成金をご検討の方へ
  • 事業計画書の作成支援
創業支援サービスのご紹介
  • 株式会社設立のご支援
  • 合同会社設立のご支援
  • 決算・法人税申告のご支援
  • 法人化シミュレーションのご支援
  • 許認可申請代行のご支援
  • 記帳代行のご支援
  • 税務調査対応
  • 税務・財務顧問
当事務所サービス一覧
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
新着情報
PAGETOP